ファッション

2023年春夏を彩る5つのキーカラー

トレンド予測エージェンシーWGSNと革新的なカラーシステム「Coloro (カラロ)」は2023年のトレンドカラーを含む2023年春夏の色5色を発表した。2023年とは遥か先のことのように思うかもしれないが、2023年のファッション業界でのブレイクを前に、2022年のコレクションでこの5色がお目見えすることが予想される。 2023年春夏トレンドカラー予測のキーポイント。それは、「ポジティブさ」と「楽観」の回帰だ。選ばれた色たちは、デジタルと現実世界との両方に適したものであることはおろか、将来的に待ち構える数々の困難とは裏腹に、希望や安定、そしてある種のバランスを称える色となっている。それらはまた幸福や復興の表現であり、自然な癒し・持続可能性・サーキュラーエコノミー(循環型経済)に光を当...

2021年9月13日

ビジネス

中国の消費者、9割が代替レザーを希望—非営利団体が調査

世界の人口の2割が居住し、今年一年間のファッション業界の売上が3,830億米ドル、同業界の世界全体の44%を占めると予想される中国で最近、国際投資家にとって信じられないような新たな投資機会が急拡大している。今、中国では主にレザーを中心に従来のファッション製品素材による環境への悪影響に対する消費者の懸念が高まりつつあり、代替素材市場が躍進しているのだ。そんな中、次世代素材の開発を加速する非営利団体マテリアル・イノベーション・イニシアチブ(Material Innovation Initiative、以下MII)およびノースマウンテン・コンサルティンググループ(North Mountain Consulting Group)が今年8月に実施した調査において、中国の多くの消費者が動物由来のレ...

2021年9月8日

人物

「ヴォーグ」が北欧版を発刊、世界で最もサステナブルな雑誌目指す 創刊号表紙はグレタ・トゥーンベリ

画像出典: Vogue Scandinavia 雑誌『ヴォーグ(Vogue)』が北欧版となる『ヴォーグ・スカンジナビア(Vogue Scandinavia)』を発刊した。創刊号の表紙を飾ったのはスウェーデン人の環境活動家グレタ・トゥーンベリ。緑の森の木陰で大きめのピンクのトレンチコートに身を包んだグレタが木に寄りかかり、アイスランド・ホースをなでる写真が登場した。また、誌面では、トゥーンベリが気候変動問題に対する自身のビジョンや経験を語った数ページにわたるインタビュー記事が掲載された。なお、偶然にも発刊日は国連による新たな気候変動危機の報告書発行日と同日となった。 『ヴォーグ・スカンジナビア』はスウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、アイスランドを対象地域とし、自然と気候問...

2021年9月2日

ビジネス

「フィリップ プレイン」、暗号通貨での支払い可能に

ドイツの「フィリップ プレイン(PHILIPP PLEIN)」は、今後商品購入代金の支払い手段として暗号通貨を使えるようにすると発表した。ラグジュアリーブランド大手では初となる。 同社によると、支払い方法として受け付けを計画しているのはビットコインやイーサリアムを含む15種類の暗号通貨。暗号通貨は同社の世界中の実店舗のほか、オンラインショッピングサイト「Plein.com」で購入した商品の代金の支払いに使えるようになるという。 創業者でデザイナーのフィリップ・プレインは、「“フィリップ プレイン”はこれまでも最も前進的で常識を破壊するファッションブランドとしての取り組みを行ってきた」とコメントしている。 さらに同氏は「暗号通貨は未来であり、私のチームや私自身もこうした新規の通貨に対応す...

2021年8月31日

他のニュース