ビジネス

ゼニア、2023年度通期利益倍増

エルメネジルド・ゼニア・グループ(Ermenegildo Zegna Group、以下ゼニア)の2023年度通期決算は、利益が前期の107.8%増の1億3,570万ユーロであった。利益率は前期の4.4%から7.1%に拡大した。 売上高は前期比27.6%増の19億450万ユーロ、オーガニック成長率は19.3%であった。 ゼニアのジルド・ゼニア(Gildo Zegna)会長兼CEOは業績について「今期は利益が昨年の倍以上となる1億3,600万ユーロに到達した。さらに製品のトレーサビリティーやダイバーシティー、インクルーシビティー、再生可能エネルギーの導入に関わる項目を含む今期のサステナビリティー目標も達成した」とコメントしている。 なお、ゼニアの2023年度通期調整後EBITDAは2億...

loading...

ビジネス

リーバイ・ストラウス、2024年度第1四半期決算は減収も市場予想上回る結果に

リーバイ・ストラウス(Levi Strauss & Co.)が3日夕方(現地時間)に発表した決算2024年度第1四半期決算は減収となった。一方で全体的には市場の予想を上回る結果となったため、同社は通期利益予想を上方修正した。 リーバイ・ストラウスによると、2024年第1四半期の売上高は前年同期より8%減少し、15億6,000万米ドルを下回る結果となったという。卸売事業の納品に関わる体制の変更やロシア事業の撤退、「デニゼン」ブランドの販売終了などが要因で、これらの影響を除くと前年並みの業績であったと同社は説明している。 利益予想を上方修正 粗利益はコストの低下や製品ミックスの改善により増加した。しかしながら事業再構築対策のため1億1,600万米ドルの一時的な費用が業績に影響し、最終損益は...

loading...

イベント

アンジェリーナ・ジョリーが「アナザー・トゥモロー」の顧問委員に就任

俳優のアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)がファッション界で活躍の場を広げている。同氏はこのほど、サステナブル・ファション・ブランド「アナザー・トゥモロー(ANOTHER TOMORROW)」の顧問委員に就任した。 昨年、「クロエ(CHLOÉ)」とのコラボレーションにより自身の冠ブランド「アトリエ・ジョリー(ATELIER JOLIE)」を立ち上げたばかりのジョリー氏。「アナザー・トゥモロー」の顧問を引き受けた理由について、創設者ヴァネッサ・バルボーニ・ハーリク(Vanessa Barboni Hallik)氏が「ファッション界で他と違った道を築いている」と強く感じたためであると説明している。 「(ハーリク氏が感じている)大きな変化の一つは、サステナビリティに携わる...

loading...

ファッション

お寝坊ルックにパーティスタイル。’24秋冬シーズン上海FWのハイライト

中国の伝統的な服装のディティールに、モダンなシルエットやカットを組み合わせた新旧混合スタイルをテーマに開催された2024年秋冬シーズンの上海ファッションウィーク(上海FW)。 長い裾をフロアに垂らしたドレスなどポスト・コロナの「狂騒の20年代」のトレンドを彷彿とさせるコレクションが相次ぎ全体的にセレブリティなムードが漂うなか、「マークゴン(MARKGONG)」をはじめとするZ世代のデザイナーによるカジュアルながらもある種の「Don’t Care」(周りの評価なんて気にしないという考え方)なアティテュードを表現するコレクションもお目見えした。 AW24 collection of Markgong, Xiaoli, Assignments and Markgong Credits: ©...

loading...