• Home
  • News
  • ファッション
  • 2023年リゾート・ウィメンズ、注目のコレクション

2023年リゾート・ウィメンズ、注目のコレクション

By Trendstop

2022年6月16日

ファッション

2023年リゾートシーズンの到来に向け、最新ウィメンズ・コレクションの速報をTrendstopがお伝えする。

2023年リゾートシーズン序盤のショーではスタイルとデザインの対比が目立った。今という困難な時代に、輝かしい時代や良い出来事など過ぎ去った日々や思い出からインスピレーションを得たデザイナー達がいる一方、対照的に今を映す鏡としてのファッションに思いを馳せ、現在の雰囲気を反映した挑戦的なコレクションを発表したメゾンもあった。さらにショーの多様性を確保するため、セクションごとに異なる消費者層にアピールするアイテムを披露するデザイナーも見られた。

「グッチ(GUCCI)」

「グッチ」はおとぎ話に出てくる別世界のようなイタリア・プーリアの古城「カステル・デル・モンテ」でコレクション「Cosmogonies(コスモゴニエ)」を披露。昆虫が姿を変えていく「変態」に着目し、服と身体が人工物を使ってまるで一体化されるような印象の作品を発表した。歴史や未来を感じさせる、光と影に包まれた多画面のディスプレイを前に、ベルベットや編み上げコルセット、ケープ、エリザベスカラーなど歴史的なレファフェンスを、銀河を彷彿とさせるクリスタルや肌にぴったりと密着した艶の美しいレザーがステージを彩った。

「シャネル(CHANEL)」

歴史香るモナコ公国のモンテカルロを舞台に開かれた「シャネル」のショーでは、テーマである遊び心満載のF1モナコグランプリにちなみ、レーシングドライバーのオーバーオールやジャンプスーツを「シャネル」のクラシックなツイードで展開した1着や、チェッカーフラッグのグラフィックをプリントしたスカートやドレスが登場した。また、クリケットのセーターやバイカー・ジャケット、ショートパンツといった定番スポーツ・アイテムのほか、女性らしいタッチの装飾やフェザー、スパンコール、シルクフラワーが過ぎ去った時代のうっとりとするような美しさを蘇らせた。

「バレンシアガ(BALENCIAGA)」

過去ではなく現在起こっているさまざまな出来事にフォーカスした「バレンシアガ」が選んだショーの会場は、なんとニューヨーク証券取引所。デムナ(Demna)が手がけたコレクションでは、黒いラテックスを身に纏ったモデルがランウェイを歩き、現在の世界が直面する暗い時代の記録を、今日の課題を創造的な方法で解決に導いていかなければならないという危機感とともに表現。またコレクションは、オフィスウエアをイメージしたクラシックなテーラリング、イブニングウエア、「アディダス(Adidas)」とのコラボレーションの3部構成で展開された。オーバーサイズのアレンジ、パッド付きパンプス、誇張されたスポーツウエアのシルエットが、肌にぴったりとするベースのレイヤーと、伸縮性のあるフードとのコントラストを生み出している。