• Home
  • Trends

最新ファッショントレンド

ビジネス

三共生興が「レオナール パリ」の全株式を取得

アパレル卸および流通を手がける三 共 生 興 株 式 会 社(以下、三 共 生 興)が、アイコニックなシルクのジャージやプリントで知られるフランスの「レオナール パリ(LEONARD PARIS)」の全株式を取得したことが分かった。 1958年にM.ダニエル・トリブイヤールが創業した「レオナール パリ」は50年以上にわたり三 共 生 興とパートナーシップを展開し、台湾・日本・韓国市場における事業を推進していた。 今後、三共生興の傘下に入ることで引き続き事業および技術面での発展を目指すととともに、グローバルでのプレゼンス拡大に努めていくという。 「レオナール パリ」のナタリー・トリブイヤール・シャッサン(Nathalie Tribouillard Chassaing)社長兼CEOは「“レ...

ファッション

‘23年春夏メンズウエアのトレンド: “オーバー・ザ・レインボー”

ロンドン、ミラノ、パリでのメンズ・ファッションウィークが開催され、ブランド各社から力強い新作がお目見えした。鮮やかな色彩やタイダイ、グラデーションなど、既存のスタイルに “ドーパミン”のアクセントを加える印象的なトレンドが2023年春夏シーズンのコレクションを彩った。 「エージーアール(AGR)」 Image: Courtesy AGR ロンドン発の「エージーアール(AGR)」はナイトクラブを思わせる鮮やかな色のニットウエアを投入。Look4ではタイダイカラーのセーターに光沢感のあるテクニカルパンツ、「AGR」のロゴの入った斜めがけバックを合わせた。 「アミリ(AMIRI)」 Image: Courtesy Amiri LA発のマイク・アミリが今回、パリでショーを開催。過去のデザインで...

ファッション

‘23年春夏ロンドン・メンズ・コレクションのファースト・ルック

ファッション・トレンドの予測を行うTrendstopより、本誌読者向けに2023年春夏ロンドン・メンズ・ファッション・ウィーク(London Fashion Week)のファースト・ルックをご紹介。 今回のロンドン・メンズ・ファッション・ウィークでは、参加したデザイナーの多くがファッションを通じて自らのルーツや文化を賞賛し、開催地ロンドンの活気やそこに暮らすデザイナーの姿を垣間見るコレクションとなった。その異国籍の合流やミックス、文化の歴史や過去の名残のフレッシュで現代的な融合のアプローチは、英国らしさやマルチカルチャーなエクスペリエンスに刺激的な新たな視点を注ぎ込んだ。 「アルワリア(AHLUWALIA)」 アフリカ大陸全体を取り上げた、デザイナーのプリヤ・アルワリア(Priya...

ファッション

‘23年春夏メンズウエア・バイイングシーズン:要チェックの4大トレンド

欧州のメンズウエアのバイイングシーズンが始まりを告げる、ミラノのメンズファッション見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMAGINE UOMO)」。2023年春夏版の会期が6月14日〜17日に控える中、その直後の6月17日〜21日にはミラノ・メンズ・ファッション・ウィークが、さらに6月21日〜26日にはパリ・メンズ・ファッション・ウィークが相次いで開催される。間近に迫るメンズのファッションの祭典でバイヤー必見の4大トレンドを本記事で紹介したい。 スポーツXストリート Image: Courtesy Dior Homme Resort 23 各種2023年リゾートコレクションでは、1990年代に流行したスポーツとストリートをミックスさせたスタイルが目立った。「ディオール オ...

他のニュース

ビジネス

「プーマ」、生分解性スニーカーの実証実験を開始

大手スポーツブランドの「プーマ(PUMA)」が、より持続可能な製造手法を目指して開発中である同社スニーカー「SUEDE」の新モデルの実証実験に踏み切る。 新モデルは「Re:Suede」と呼ばれるスニーカーで、環境を意識したZeology社製のタンニンなめしスエードや生分解性TPE、麻繊維など最新技術を応用している。 「プーマ」によると、今回の実証実験は高まるサステナブル製品への需要に応えフットウェア業界の抱える廃棄物問題の解決を目指す取り組みの一環として展開するものだという。 2022年1月に開始予定の実験では、ドイツ国内の500人のユーザーを対象に「Re:Suede」を試用してもらう。6カ月の試用期間中に製品の耐久性をテストし、その後、シューズは次の実験段階への移行のため回収される。...