business

リシュモン、伊ジュエリーブランド「ブチェラッティ」を買収

by Prachi Singh
2019年10月14日

「ヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)」、「カルティエ(Cartier)」などを傘下に持つスイスのラグジュアリーブランド 、リシュモン(Richemont)はこのほど、伊ジュエリーブランド「ブチェラッティ(Buccellati)」の親会社であるブチェラッティ・ホールディングスS.p.A. (Buccellati Holding Italia S.p.A.)を同社の株式を保有する中国のガンティグループ・コーポレーション・リミテッド(Gangtai Group Corporation Limited)より買収したと発表した。

リシュモンのヨハン・ルパート会長は買収について「比類なき強い伝統と熟練された職人の技と家族精神を持つ“ブチェラッティ”はダイナミックなジュエリー市場において、そのスタイル、ルーツ、クラフトマンシップをもって当社の既存ブランドを補完する存在になる」とのコメントを発表。

1919年にマリオ・ブチェラッティが創業した「ブチェラッティ」は、シルクやダマスク織、チュール、リネンを思わせる精巧な仕上がりのジュエリーで知られる宝飾品ブランド。ジュエリーはすべてイタリアにある同社の4つの社内工房で職人が14世紀のイタリアで誕生したルネサンスから続く技術により手作業で制作している。ジュエリー以外にも時計や銀製品などの商品も展開している。

ガンティグループ・コーポレーション・リミテッドの創業者兼会長のシュー・ジャンアン氏は「“ブチェラッティ”という貴重なブランドに対し、無事に中国市場参入を果たすとともにブランド力を含みあらゆる面での強化により世界を代表するジュエラーの一つとしての地位確立に貢献できたことを大変嬉しく思う。創業100周年を迎え、“ブチェラッティ”が今後もリシュモンとともに発展し続け、その大いなる成長が確かなものになることを光栄かつ誇りに思う」とコメントを述べている。

写真:Facebook/Buccellati