• Home
  • News
  • ビジネス
  • 「マーション アイウェア」と「ラコステ」、グローバルライセンス契約を延長

「マーション アイウェア」と「ラコステ」、グローバルライセンス契約を延長

By Danielle Wightman-Stone

2021年10月28日

ビジネス

仏ファッションスポーツブランドの「ラコステ(LACOSTE)」は、米アイウェアブランドの「マーション アイウェア(MARCHON EYEWEAR)」とのグローバルライセンス契約の長期複数年延長契約を締結した。

「マーション アイウェア」は世界最大のアイウェアメーカー。今回のライセンス契約延長により、同社は「ラコステ」ブランドの眼鏡・サングラスのデザイン・開発・製造・販売に係るライセンスを取得する。

「マーションアイウェア」と「ラコステ」は2011年に初めてライセンス契約を締結した。以降、「ラコステ」のアイウェアはテニス選手のノバク・ジョコヴィッチ選手やテニスの全仏オープンとのコラボコレクションを展開したり、マイアミ・オープン、ロレックス・上海・マスターズなどテニスのトーナメントをスポンサーするなどし、同ブランドのパートナーシップや特別プロジェクトに深く関連している。

「ラコステ」のキャサリン・スピンドラー(Catherine Spindler)チーフ・ブランド・オフィサーは報道資料で、「ラコステのDNAに合致した強固なコレクションの開発に成功してきたマーションとのパートナーシップを継続でき、大変喜ばしい」とのコメントを発表している。

また、「アイウェアは我々のブランドにとっての重要なカテゴリの一つで、そのスタイルや革新性、創造性においてラコステのシルエットを完璧に引きたせてくれる。我々のファッションスポーツブランドが大いなる可能性を秘めるこのカテゴリに、大きな希望を持っている」と加えている。

一方、「マーション アイウェア」のニコラ・ゾッタ(Nicola Zotta)社長兼最高経営責任者は、「長きにわたり好調なラコステとのパートナーシップを継続することができ、非常に名誉に思う。ラコステは我々のグローバルなライフスタイル製品のポートフォリオの中核であり、我々のチームが引き続きラコステの事業推進を支えるアイウェア製品の開発をしていけると確信している」と述べている。

「ラコステ」のアイウェアは全世界の眼鏡店や百貨店、専門店、「ラコステ」直営店のほか、「ラコステ」および「マーションアイウェア」のオンラインショップlacoste.com、eyeconic.comで販売されている。

画像: courtesy of Marchon Eyewear/Lacoste