• Home
  • News
  • ビジネス
  • 「プーマ」、生分解性スニーカーの実証実験を開始

「プーマ」、生分解性スニーカーの実証実験を開始

By Rachel Douglass

2021年12月1日

ビジネス

画像

大手スポーツブランドの「プーマ(PUMA)」が、より持続可能な製造手法を目指して開発中である同社スニーカー「SUEDE」の新モデルの実証実験に踏み切る。

新モデルは「Re:Suede」と呼ばれるスニーカーで、環境を意識したZeology社製のタンニンなめしスエードや生分解性TPE、麻繊維など最新技術を応用している。

「プーマ」によると、今回の実証実験は高まるサステナブル製品への需要に応えフットウェア業界の抱える廃棄物問題の解決を目指す取り組みの一環として展開するものだという。

2022年1月に開始予定の実験では、ドイツ国内の500人のユーザーを対象に「Re:Suede」を試用してもらう。6カ月の試用期間中に製品の耐久性をテストし、その後、シューズは次の実験段階への移行のため回収される。

回収されたスニーカーは、オランダの廃棄物処理企業Ortessa Groep による工業的な生分解処理を行うとともに、処理後に出るコンポスト(堆肥)を農業用として応用できるかを評価する。評価結果は「プーマ」の将来的な持続可能性の高い靴消費のあり方の方針決定に活用される。

また実験は、「プーマ」の新しい循環型事業推進のための研究プログラム「サーキュラー・ラボ」の主導の下実施されるという。

同社は以前にも2012年に「InCycle」コレクションの一部として生分解性スニーカーを製作しているが、需要の低さと継続的な研究開発の必要性の浮上から後に製造中止となっている。この理由について同社は当時の技術的限界を強調している。

なお同社は今回の実験の最終結果および知見を公表し、業界内の啓発のために役立てたいとしている。

PUMA
フットウェア
プーマ
循環型ファッション