• Home
  • News
  • ビジネス
  • 伊藤忠が「リーボック」の国内販売権を取得

伊藤忠が「リーボック」の国内販売権を取得

By Rachel Douglass

2022年5月30日

ビジネス

Image: Reebok via Itochu

伊藤忠商事は米国のオーセンティック・ブランズ・グループ(Authentic Brands Group LLC、以下ABC)より「リーボック(REEBOK)」の日本国内における販売権およびライセンス権を取得したと発表した。

今後はABGや国内ファッションECのロコンド他と協業しながらECと小売を通じて販売活動を行い、日本における「リーボック」のさらなるブランド価値向上を図り、5年後に売上200億円を目指すとしている。

また、消費者ニーズを捉え、高品質でニーズの高い製品を優先的に取り揃えるという同社の「マーケットインによる事業改革」の基本方針に則り、「リーボック」ブランドの国内での拡大を通じて収益基盤を強化するとしている。

なお、昨今、ABCは世界各地で「リーボック」のライセンス事業を進めている。2021年に「リーボック」をアディダス(Adidas)から買収した同社は、その後、インド・韓国・カナダ・中国などでパートナーとタッグを組み、現地市場での「リーボック」ブランドの導入や拡大を進めている。

オーセンティック・ブランズ・グループ
リーボック
伊藤忠
小売
日本