business

H&M、スウェーデン発ネット中古服リセールサイトの過半数の株式を取得

by Huw Hughes
2019年10月24日

エイチ・アンド・エム(H&M、以下“H&M”)はこのほど、以前から株式を所有していたスウェーデンに本拠を置くオンライン中古服リセール(再販)サイト 「セルピー(Sellpy)」の株式を追加取得し、過半数株主となったと発表した。株式比率は約70%。

同社は今回の株式追加取得の理由について「“セルピー”のグローバル成長を支援し、エイチ・アンド・エムの循環型ファッション戦略を一層推進するため」と説明している。エイチ・アンド・エムは2015年からセルピーに出資をしており、このたび新たに追加の投資を決定した。

中古衣料品ビジネスはファッション業界において急成長しており、エイチ・アンド・エムも同社が提唱する100%循環型ファッションの実現を後押しする新たな手段として注目している。同業のスレッドアップ(ThredUp) 社は、米国における中古衣料品再販市場は2028年までにファストファッション市場の1.5倍に拡大すると見ている。

2014年創業のセルピーはスウェーデンに本社を置く中古衣料品のインターネット再販サイト運営会社。現在グローバル展開に向けて準備中で、手始めとしてドイツでの事業展開を予定しており、今回の増資によりエイチ・アンド・エムから支援を受けることとなる。

写真クレジット: H&M Group