• Home
  • News
  • ビジネス
  • 「コーチ」親会社タペストリー、第3四半期売上高14億8,000万ドル

「コーチ」親会社タペストリー、第3四半期売上高14億8,000万ドル

By Prachi Singh

loading...

Scroll down to read more

ビジネス

Coach store in Chicago Credits: Coach

「コーチ(COACH)」などを擁するタペストリー(Tapestry)の2024年6月期第3四半期決算は、売上高が前年同期比2%減の14億8,000万米ドルとなった。売上総利益は11億1,000万米ドル、売上総利益率は74.7%であった。

通期予想については、売上高が66億米ドルとほぼ前年並み(恒常通貨ベースでは前年比約1%増)になるほか、希薄化後1株当たり利益は4.20米ドル〜4.25米ドル(前年比8〜9%増)となる見通し。

また営業利益は2億400万米ドル、営業利益率は13.8%となり、純利益は1億3,900万米ドル、希薄化後1株当たり利益は60セントであった。non-GAAPベースでは、営業利益が2億3,900万米ドル、営業利益率は16.1%、純利益と希薄化後1株当たり利益はそれぞれ1億9000万米ドル、81セントとなった。

さらに同社取締役会は、第3四半期の配当金を普通株1株あたり35セントとすると発表した。また今期の年間配当金率は前期比17%増の1ドル40セントを見込んでおり、これらを通じて期末まで引き続き約3億2,500万米ドルを株主に還元する予定だとしている。

ジョアン・クレヴォイセラ(Joanne Crevoiserat)CEOは「第3四半期の業績は我々のしっかりとしたブランド構築戦略とオペレーショナル・エクセレンスへの揺るぎなきコミットメントを反映し、予想を上回る結果となった」とコメントを発表している。

タペストリーは2023年8月10日にカプリ・ホールディングス(Capri Holdings Limited)の買収を発表。ラグジュアリーおよびファッションブランドの巨大グローバルグループが誕生した。

Coach
Kate Spade
Stuart Weitzman
Tapestry
ケイト・スペード
コーチ
スチュアート・ワイツマン
タペストリー
経営管理