• Home
  • News
  • ビジネス
  • LVMHがニューヨーク発ストリートウェアブランド「エメ レオン ドレ」の少数株式を取得

LVMHがニューヨーク発ストリートウェアブランド「エメ レオン ドレ」の少数株式を取得

By Huw Hughes

loading...

ビジネス

画像: Aimé Leon Dore official website

フランス「LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY- LOUIS VUITTON以下、LVMH)」の投資事業部門である「LVMHラグジュアリーベンチャーズ(LVMH Luxury Ventures)」が先般米ニューヨーク発のストリートウェアブランド「エメ レオン ドレ(AIMÉ LEON DORE)」の少数株式を取得した。具体的な取得株式数については明かされていない。

LVMHラグジュアリーベンチャーズは「エメ レオン ドレ」は、LVMHから支援やガイダンスを受けながら、引き続きニューヨークのオフィスで独立して事業を行うとしている。(WWD) LVMHがストリートウェアに参入

2014年に設立された「エメ レオン ドレ」はニューヨークに影響を受けたアーバンスタイルで支持を獲得。過去には「ニューバランス(NEW BALANCE)」や「ウールリッチ(WOOLRICH)」とコラボレーションしている。 昨年には設立者であるテディー・サンティス(Teddy Santis) が「ニューバランス」の「メイド・イン・USA(Made in USA)」ラインのクリエイティブディレクターに就任している。

WWDの報道によると、ある筋の情報では「エメ レオン ドレ」は事業拡大計画の一環として早ければ今年3月にもロンドンに店舗を開設する計画があるという。

LVMHラグジュアリーベンチャーズは新規進出のラグジュアリービジネスを支援するため2017年に設立された。 現在、ニューヨークに本拠を置く高級レザー品やプレタポルテブランドの「ガブリエラ ハースト(GABRIELA HEARST)」やLA発のライフスタイルブランド「マッドハッピー(MADHAPPY)」などに出資している。

AIME LEON DORE
LVMH
エメ レオン ドレ
ストリートウェア