• Home
  • News
  • ビジネス
  • ウルヴァリン・ワールドワイド第1四半期34%減収、新CFOを任命

ウルヴァリン・ワールドワイド第1四半期34%減収、新CFOを任命

By Prachi Singh

loading...

Scroll down to read more

ビジネス

The Wolverine classic “1000 Mile Boot” Credits: Wolverine Boots

米フットウェアのウルヴァリン・ワールドワイド(Wolverine Worldwide)の2024年度第1四半期売上高は3億9,490万米ドルで前年同期より34.1%(恒常通貨ベースで34.6%)の減収となった。「ケッズ(KEDS)」、および米国における「ウルヴァリン(WOLVERINE)」ブランドのレザー事業を含む昨年〜今年1月に売却した事業の影響を除いた売上高は前年同期より24.5%(恒常通貨ベースで25.1%)減の3億9,080万米ドルであった。

また同第1四半期の売上総利益率は45.9%(前年同期より0.650ポイント増)、調整後売上総利益率は46.5%(前年同期より0.250ポイント増)となった。希薄化後1株当たり利益(DEPS)は19セント、調整後DEPSは5セント(前年同期より54.5%減)となった。

さらに同社は同日、前任のマイケル・D・ストーナント最高財務責任者(CFO)の後任にタリン・ミラー(Taryn Miller)氏を任命した。ミラー氏は今年5月9日付でCFOに就任予定で、クリス・ハフナゲル(Chris Hufnagel)社長兼CEOの直轄となる。

ハフナゲル社長兼CEOは「今四半期は期待を超える売上高と利益を達成するとともに、記録的な売上総利益率や直販事業の加速、卸売事業全体の受注傾向の改善やバランスシートの一層の健全化などを実現し、我々が策定した戦略とその執行の初期検証の具体例が見え始めている」とコメントを発表している。

Taryn Miller Credits: Wolverine Worldwide
Merrell
Saucony
Sweaty Betty
Taryn Miller
Wolverine Worldwide
サッカニー
スウェティ・ベティー
タリン・ミラー
メリル
経営管理