• Home
  • News
  • カルチャー
  • パリのイヴ・サンローラン美術館で金一色の展覧会が開催

パリのイヴ・サンローラン美術館で金一色の展覧会が開催

By Danielle Wightman-Stone

2022年10月26日

カルチャー

Image: Yves Saint Laurent; David Bailey, Vogue Paris

パリのイヴ・サンローラン美術館(Musée Yves Saint Laurent)で、デザイナーのイヴ・サンローランのコレクションデビューから60周年を記念し、サンローラン氏の特徴である煌びやかで金色に輝くデザインに着目した展覧会「ゴールド・バイ・イヴ・サンローラン(Gold by Yves Saint Laurent)」が開幕した。

Image: Arthur Elgort courtesy of Vogue Italia; Loulou de La Falaise.

会期は2023年5月14日までで、サンローラン氏のオートクチュールのデザインにおける金の影響を検証する。サンローラン氏が手がけたオートクチュール作品に加え、プレタポルテのドレスやアクセサリー、ジュエリーなど40点以上におよぶ展示品が並び、ゴールドの色味が同氏のシルエットのエッセンシャルな要素になるまでの軌跡をたどっていく。

Image: Yves Saint Laurent; Nicolas Mathéus

ピーコートのボタンから、金を素材として作られたドレスなど、イブ・サンローラン氏のコレクションでは金が色や素材としてところどころに使われている。またその取り入れ方も、ブロケードやレース、スパンコール、レザー、刺繍といった手法を用いたり、布地に使ったり、ジュエリーや香水、ラメパウダーにしたりと幅広い。

Image: Yves Saint Laurent; Guy Marineau

金色は豊かさ・力・高級感を感じさせる色合いで、サンローラン氏はこうした金色のもつイメージを現代女性のための服に反映させた。そうすることで、金を単なる美しさを引き出すものとしてだけでなく、女性の力を体現するマニフェストに変えたのだ。

Image: Musée Yves Saint Laurent Paris; Matthieu Lavanchy

展示会では写真家のデヴィット・ベイリーが撮影した1966年の秋冬コレクションの宝石を散りばめたドレスのほか、バレエダンサーのジジ・ジャンメールや女優のカトリーヌ・ドヌーヴが着用したスパンコールのドレス、1980年春夏オートクチュールコレクションでモデルのヴィオレッタ・サンチェスがキャットウォークを披露した溶かした金を塗装したような質感のイブニングドレスなど際立つ作品が多数登場した。

Image: Yves Saint Laurent
Image: Yves Saint Laurent; Guy Marineau
Image: Yves Saint Laurent; Guy Marineau
Image: Musée Yves Saint Laurent Paris; Matthieu Lavanchy
Image: Yves Saint Laurent; Droits réservés
YSL
イヴ・サンローラン美術館
サンローラン
展覧会