ブライダルトレンド:「ロック」テイストが光る、2020年春夏 注目のブライダル5ブランド
ブライダルトレンド:「ロック」テイストが光る、2020年春夏 注目のブライダル5ブランド

fashion

ブライダルトレンド:「ロック」テイストが光る、2020年春夏 注目のブライダル5ブランド

昨今開催されたブライダルウィークで見られた 各社の2020年春夏のブライダルコレクションのトレンドは何と言っても“レース”。特にジョーゼットやギピュールレースといったデリケートな素材にシルククレープやオーガンザ、チュールなどの生地を組み合わせるのが今年の流行だ。また時に一際目立つ花柄の刺繍やフリル、ベルト、編み上げ紐 、ジャケット、ケープなどのディテールにもさりげなくこだわるのも今回のコレクションの特徴。コンテンポラリー・ロックの印象を強く感じさせる、世界的なブライダルブランド5社の2020年春夏ブライダルのトレンドを紹介する。

メゾン・リム・アロダキー(MAISON RIME ARODAKY)

ソニア・リキエル(SONIA RYKIEL)が立ち上げたブライダルブランド、リム・アロダキーは新作ドレスで何とも表現しがたいパリジャンの魅力を完璧に再現。ヒストリカルなアイコンを使い、ナチュラル・ロック・タイムレスといった美的エレメントを加えてアレンジしたスタイルが彼女の特徴で、ドレスはすべてパリのアトリエでカスタム・メイドされている。昨年にはスペイン・バルセロナに初のショールームをオープン。「017 Mystical Love」コレクションをはじめとする彼女の象徴的なドレスを展示している。

カヴィア・ゴーシュ(KAVIAR GAUCHE)

ベルリンを拠点とするカヴィア・ゴーシュのウェディングドレスは特に若年層に多く支持されている。デザイナーのアレクサンドラ・フィッシャー=レーラー(Alexandra Fischer-Roehler)と ヨハンナ・キュール(Johanna Kühl)が手がけるシンプルかつエレガントなドレスには、細かなエレメントやフィリグリー加工(線条細工)が3D技術により縫い込まれており、繊細なコントラストを描いている。最高レベルの品質で丁寧に縫製された現代の女性のためのドレスは、ドイツの店舗で販売されているほか、インターネット注文も受け付けている。また、最近ではパリで「Sans Souci」コレクションも発表された。

ロール・ド・サガザン(LAURE DE SAGAZAN)

フランス発の可愛らしいウェディングドレスブランド、ロール・ド・サガザン。彼女のエレガント でカジュアル、ボヘミアンな新作ドレスは、「解放的なのにどことなく真面目」で、細かいディテールがたくさん散りばめられている。ファッション専門学校を卒業した後、バッシュ(BA&SH)で経験を積んだロールは、2011年に独立。現在パリ10区にアトリエを持ちカスタム・ドレスの制作を行うほか、ニューヨークのショーに出展し、マイアミ・バンクーバー・サンフランシスコでもドレスの販売を行っている。今年初めにはフランス大手スーパー「モノプリ」(MONOPRIX)とコラボしたカプセルコレクションを発表し、白やゴールドを基調とした定番アイテムや、子供向けブライダルウェア、食器、刺繍つきクッションなどのウェディンググッズを発売している。

フローラ(FLORA)

2010年に設立されたフローラはイスラエル・ハイファを拠点とするウェディングドレス・レーベル。デザイナーのリナット・アッシャーが作るのは、クラシックなイメージにトレンドや高潔さを融合した華やかでラグジュアリー感いっぱいのドレス。主にヨーロッパ製の生地を使い、レースを足して個性やオリジナリティを演出。さらに精巧な技術で何層にも重ねた生地にレースや刺繍をプラスし、ビンテージなスタイルを作り出している。2017年以降は海外展開も積極的に行い、世界中の高級ブティックなどを通じて商品を販売している。

ヨランクリス(YOLANCRIS)

カジュアルなロックスタイルのドレスで知られるスペインの有名ブランド、ヨランクリス。ヨランダ・ペレス(Yolanda Pérez)によるデザインは彼女が音楽や映画、文学の中の“解放された女性像”にインスパイアされて作ったもので、作品を通じて彼女自身を再発見するきっかけにもなっている。「すべての女性に捧げるウェディングドレス」をテーマに、リブ編み、(サイハイブーツと合わせて着る)セクシーなミニ丈ドレス、レースやオーガンザを使ったロングドレスなど、多種多様なドレスを展開している。先般バルセロナのブライダルファッションウィークで発表された彼女の新作コレクションは「実験」「個性」「独創性」が生み出す自由の考え方に影響を受けてデザインされたものだという。

本記事は本誌フランス語版(FashionUnited.fr)に掲載されたフランス語原文を翻訳したものです。

写真: VBBFW