スナップショット: 世界初のビーガンファッションウィーク、LAで開催
fashion

スナップショット: 世界初のビーガンファッションウィーク、LAで開催


今年2月、世界で初となる毛皮などの動物性の素材を使用しないビーガンブランドによるファッションウィークが米国ロサンゼルスで開催された。フランス人動物愛護活動家エマニュエル・レインダ(Emmanuelle Rienda )が「クルエルティーフリーファッション」(動物の犠牲を伴わないファッション)の啓発と普及を目的に企画したもので、エコペル(Ecopel)、ベイエム(Bayem)、ニューロック(New Rock)、ビーガンクラブ(Vegan Club)などのブランドが参加した。同氏は、「倫理的でサステナブル、かつハイレベルなビーガンファッションを幅広く知ってもらうため、世界中から厳選されたデザイナーを集めてランウェイショーを開催した」とのコメントを発表している。

下記はビーガンファッションウィークのランウェイショーからのシーン。本イベントの様子はこちらの レポートでも紹介している。.

スナップショット: 世界初のビーガンファッションウィーク、LAで開催 スナップショット: 世界初のビーガンファッションウィーク、LAで開催 スナップショット: 世界初のビーガンファッションウィーク、LAで開催 スナップショット: 世界初のビーガンファッションウィーク、LAで開催 スナップショット: 世界初のビーガンファッションウィーク、LAで開催 スナップショット: 世界初のビーガンファッションウィーク、LAで開催

写真: courtesy of Vegan Fashion Week

arrow_backSee more articles