• Home
  • News
  • ビジネス
  • 世界の化粧品市場予測、2027年に4635億ドルに到達

世界の化粧品市場予測、2027年に4635億ドルに到達

By Don-Alvin Adegeest

2022年3月7日

ビジネス

画像: YSL Beauty via YSL website

2020年に3076億9千米ドルであった世界の化粧品市場が、2027年までに4635億米ドルに到達するとの予測がこのほど発表された。

予測は『リサーチ・アンド・マーケッツ(Research and Markets)』のレポートで明らかになった。同レポートによると、近年消費者の間でスキンケアやヘアケアの効果への意識が高まり、化粧品の需要が大きく拡大し、平均支出が増えているという。

特に日焼けケア用品や夜用のナイトリペアクリーム、フェイスミストなどの人気商品が今後も成長していくと見られている。

製品分類別では、スキンケア用品が最も急成長すると期待されており、環境汚染や紫外線、職場ストレスなどの進行により、スキンケア用品のニーズが高まると予想されている。

さらにレポートでは、消費者が健康増進やセルフケアを目的とした製品への関心が高いことに加え、スキンケアブランドを選ぶ上で消費者がソーシャルメディアを介した迅速な情報提供やより簡単に製品を選べる新しい技術を望んでいることもわかった。

一方、地域別では健康や衛生、個人の見た目に気づかい、天然由来やオーガニック製品にこだわる消費者が多いアジア太平洋地域の市場が最も急速に拡大しており、中でも中国、日本、韓国、インドが依然として主要市場となっている。

またオンライン市場も2027年までにかつてないスピードで成長し、特にEコマースはコスト面等のメリットにより企業のみならず消費者にも受け入れられているとしている。

新規顧客の開拓を促すEコマースは、世界的な化粧品の需要を牽引している。米国やフランス、韓国といったファッションおよびエンターテイメントの主要市場でも化粧品が伸びている。

またレポートでは、現在オンラインショッピングやeコマースに関しては、都市部の消費者の利用が中心的だが、この傾向は徐々に中小規模の都市にも浸透しつつある実態にも触れているほか、各企業の事業開発・戦略・M&A・新製品情報なども紹介している。

参考文献: The "Global Cosmetics Market (2022 Edition) by Research and Markets

YSL
コスメ
化粧品
美容