• Home
  • News
  • Fashion
  • マルベリー、“完全サステナブル”仕様のバッグを発売 ブランドで初

Fashion

マルベリー、“完全サステナブル”仕様のバッグを発売 ブランドで初

By Danielle Wightman-Stone

2019年12月31日

英国の伝統的なブランド「マルベリー(Mulberry)」はブランドで初となるサステナブルレザー(環境に配慮した形で供給されたレザー)を100%使用した新作バッグ「ポートベロー トート(Portobello Tote)」を発表した。

プラスチックの買い物袋に変わるサステナブルなオプションとしてデザインされたもので、機能的なラグジュアリーなバッグに仕上げた。製造はすべて英国サマーセットにあるカーボン・ニュートラルな自社工場で行われ、原料には国際団体レザー・ワーキング・グループ(LWG) の「ゴールド」認証を受けた環境の配慮した製革を推進するタンナリーから調達したヘビーグレインレザーおよび食物由来の素材を使用しているという。

マルベリーは販売する製品の半数をサマーセットの工場で製造しているが、“完全サステナブル”仕様の製品として販売するのは今回が初となる。新作バックはサステナブルレザー に加えて、裏地を付けず、また縫い合わせにはリサイクルポリエステル繊維「エピック・エコヴェルデ(Epic EcoVerde)」を使っている。

マルベリーは企業の社会的責任追求へのコミットメントとして「マルベリー・グリーン」を掲げている。すべての製品のデザイン・原料調達・製造において環境保全を推進し、持続可能性を高めていくことを宣言したもので、今回の新作バッグの開発のきっかけとなった。

新作バッグの発表にあたり、マルベリーのジョニー・コカ クリエイティブ・ディレクターは「“機能的なのに使い捨てのプラスチックの買い物袋”という究極のデイリーアイテムが発想の原点。“ポートベロー トート”は使い勝手の良さを保ちつつ、エレガントで実用的、そして何よりも長く使い続けられるバッグに仕上がった」とのコメントを発表している。

マルベリーがサステナブルバッグ「ポートベロー トート」を披露

新作バッグはループ状の持ち手2本と長いショルダーストラップが付いて手持ちや肩掛けなど持ち方も自在。カラーもブラック、ミッドナイト、チェスナット、ノルディックブルー、クリムゾン、タンジェリンオレンジなどのシグネチャーカラーや季節限定カラーで展開する。

マルベリーのティエリー・アンドレッタ(Thierry Andretta)最高経営責任者は「マルベリー初となる完全サステナブルなバッグの開発に携われたことを光栄に思う。“マルベリー・グリーン”のコミットメントの下、環境に配慮した製品デザイン・製造の実現に向け革新的なアプローチを継続し、真のラグジュアリーで倫理性の高い製品を顧客に届けていきたい」とのコメントを発表し、今後もサステナビリティの向上に取り組む考えを示した。

同社はまた、製品供給におけるサステナビリティ・コストを顧客に転嫁しないとした方針の一策として、英国においては 新作バックの収益をすべて自然環境保護に努める英国の非営利団体「ワールド・ランド・トラスト(World Land Trust )」に寄付するとしている。

さらに製品の耐久性および製品寿命の向上を目的に製品の生涯修復サービスにも力を入れており、顧客の愛着のバッグを買い換えることなく使い続けてもらえるようバッグの留め具やストラップ交換などの修理も受け付けている。

「ポートベロー トート」はマルベリー各店舗およびオンラインショップ(mulberry.com)で販売中。価格は795ポンド。(日本での販売価格は145,200円 )

マルベリーは2019年11月にも漁網などの海洋廃棄物から作られた再生ナイロン「エコニール(Econyl)」を使ったメンズ向けカプセルコレクションを発表。迷彩柄に伝統的なタータンチェックを重ねたカモフラージュ・チェックの生地を使い、ブランドの初期の頃のデザインを継承した「ヘリテージ・バックパック」やトートバックなど5点を披露している。

画像: courtesy of Mulberry