fashion

プロノビアス、アシュリー・グラハムとコラボのサイズ豊富なウェディングドレス・コレクションを新発売-多様な体型を意識

by Jaime Martinez
2020年1月13日

マドリード–2017年に英投資ファンドBCパートナーズ(BC Partners)の傘下に入ったスペインのブライダルウェアブランド「プロノビアス( Pronovias)」はこのたび、米国人モデル兼デザイナーのアシュリー・グラハム(Ashley Graham )とコラボレーションした新コレクション“アシュリー・グラハムxプロノビアス(Ashley Graham x Pronovias)” を発表した。米国サイズ0〜34という幅広いサイズで展開するインクルーシブコレクションで、発売は2020年の初めを予定。新コレクションの発売は米国市場における継続的なプレゼンス強化を意識したものだと言う。

アシュリー・グラハムは米国におけるインクルージョン(多様な体型を尊重するという考え方)の“顔”として米国のファッション業界が最も注目する人物の一人。自身のインスタグラムでは新コレクション発売のニュースをどこよりも早く伝えている。デザイナーとしても活躍する彼女は、今回発表された様々な体型に合う多サイズ展開のアイテム16種からなる新コレクション制作のきっかけとなった。新コレクションは価格も1000〜3500ドルとリーズナブルに設定されている。

「パーフェクトなドレスを購入した瞬間から、特別な日まで、そのすべての日々で女性が常に安心して自信を持てるようでなければならない。」グラハムは後日発表したコメントの中でそう表現した。また10年前にウェディングドレスを購入した際、“自分のサイズに合う特別な一着”を探すのに苦労したことを明かし、ファッション業界がより多様な体型の女性を受け入れるインクルーシブな社会づくりに向けて貢献していく必要性を語るとともに「ラグジュアリーブランドをリードするプロノビアスのようなブランドとコラボレーションし、美しく着心地の良い多彩なサイズ・スタイルのウェディングドレスを女性達に届けられることを光栄に思う」との言葉を述べた。

プロノビアスグループのアマディーン・オハヨン(Amandine Ohayon )エグゼクティブディレクターは「アシュリー・グラハムとの素晴らしいコラボレーションを発表でき喜ばしく思う。彼女の提唱する体型にとらわれない生き方はプロノビアスが約束してきた“女性一人ひとりの完璧なスタイルを見つける”という考え方と通ずるものがある。私達は体型に関わらずすべての女性に夢の一着が見つけられなければならないと信じており、共にブライダルファッション業界でインクルージョンを推進できることを誇りに思う」とコメントを述べている。また同ブランドのアレサンドラ・リナウド(Alessandra Rinaudo )アーティスティックディレクターは、グラハムとのコラボレーションにより、ドレス制作におけるフィット感やテーラリングの向上につながったと説明している。

米国でのプレゼンス強化

今回発表したコラボレーションは米国におけるプレゼンス強化を目指すプロノビアスの戦略の一策だ。同ブランドはほかにも昨今米国人デザイナーのザック・ポーゼン(Zac Posen )とのコラボレーションやボストンおよびロサンゼルスでの新店舗オープンによる米国販路拡大などの施策を次々と発表している。

オハヨン エグゼクティブディレクターは当時「米国のブライダル市場は800億ドルで欧州全体よりも2割大きい。米国での成長機会は計り知れないものがある」との見解を示している。また、“結婚式を控えた98.5%の女性はいまだに実店舗でウェディングドレスを購入する”というブライダル業界ならではの特異性に触れ、「顧客の期待と市場が提供するものにはまだギャップがある。それゆえに我々には市場を底上げし、変革をもたらすユニークな機会があり、米国で展開する新しいコンセプトを皮切りにこれを実現していきたい」との意気込みを述べている。

写真: Pronovias