• Home
  • News
  • Fashion
  • パリ・オートクチュールウィーク、7月にオンラインで開催へ

Fashion

パリ・オートクチュールウィーク、7月にオンラインで開催へ

By Huw Hughes

2020年7月2日

パリのファッションショー を管轄するフランスオートクチュール・プレタポルテ連合会(Fédération de la Haute Couture et de la Mode、以下、サンディカ)は2020年〜21年秋冬のパリ・オートクチュールウィークをオンラインで開催すると発表した。会期は7月6日〜8日。

例年パリ・オートクチュールウィークは7月に開催されていたが、今年については3月に新型コロナの感染拡大により6月のメンズ・コレクションとともに開催中止となっていた。

オンラインでの開催についてサンディカは「専用のプラットフォームを介して行う。開催日程は基本的に従来通りとする」とのコメントを発表。「ブランド各社は映像やビデオを通じて新作発表を行う。エディトリアル・セクションでも追加のコンテンツを提供していき、グローバルなメディアネットワークに広く取り上げられる予定だ」と述べている。

今夏のパリ・オートクチュールウィークについては「ジョルジオ アルマーニ (Giorgio Armani)」「ジャンポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)」「バレンシアガ(Balenciaga)」などのブランドが不参加を表明しており、オンライン版での参加ブランドはいまのところ明らかにされていない。

オートクチュールウィークもオンライン化

面白いことに、数カ月前であればショッキングなニュースであるはずのパリ・オートクチュール・ウィークのオンライン開催は、コロナ禍で続々とファッション・イベントのオンライン化が進み想定範囲内の事態になってしまった。

現にサンディカは今年7月9日から13日開催予定であったパリ・メンズ・ファッションウィークのオンライン開催をすでに5月初旬に発表済み。ロンドン・ファッションウィークやミラノ・ファッションウィークも6月12日〜15日と7月14日〜17日にそれぞれオンライン開催されることが決まっている。

加えて、上海ファッションウィークやデニム展示会「キングピン(Kingpins)」もすでにオンライン・イベントを終えている。

写真クレジット: Alexandre Vauthier-Haute Couture