• Home
  • News
  • ファッション
  • トレンドの歴史を巡る:メンズ・スカート

トレンドの歴史を巡る:メンズ・スカート

By Jayne Mountford

2022年7月7日

ファッション

Image: Burberry/Molly Goddard/Louis Vuitton

フィジーやミャンマー、ブータンといった国では男性がスカートを履くのはごく普通のことだ。ギリシャでは、男性用スカートが軍服の欠かせない要素になっている。しかしながら、男性用スカートが重要な文化とされているのは、やはりスコットランドの民族衣装のキルトであろう。

スコットランドの民族衣装「キルト」の歴史

Image: Courtesy Macgregor and Macduff

キルト専門店「マクレガー・アンド・マクダフ」のブログによると、キルトの歴史は1538年に遡る。当時は「グレート・キルト(Great Kilt)」と呼ばれる体全体を包み込む服で、一枚の布を腰回りに巻きつけ、残った部分を肩にかけたものだった。現在のような膝丈のキルトが登場したのは18世紀初頭ごろのこと。生地に使われたタータンは、氏族ごとに異なるチェック柄や色でデザインされていた。

現代のメンズ・スカート

デザイナーのジャンポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)はランウェイで初めてメンズ・スカートを登場させたことで知られている。彼は1985年の「Et Dieu Créa l’Homme (そして神は人間を創った)」メンズ・コレクションで幅広のパンツの上にラップスカートを合わせたルックスを披露し、男らしさに挑戦するとともに、服に関するステレオタイプを問い直した。

最近のランウェイに見るメンズ・スカートのトレンド

ジェンダーの概念が曖昧となり、性別にとらわれないライフスタイルへのニーズの高まりを受け、メンズ・スカートがここ数シーズン度々ランウェイに登場している。その中のベスト・スタイルを数点紹介する。

2021年秋冬ランウェイコレクション

「バーバリー(BURBERRY)」

Image: Courtesy Burberry F/W21

「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」

Image: Courtesy Burberry FW22
Image: Courtesy Louis Vuitton FW21

「モリー ゴダード(MOLLY GODDARD)」

Image: Courtesy Molly Goddard FW21

2022年秋冬ランウェイコレクション

「オフ-ホワイト(OFF-WHITE)」

Image: Courtesy Off-White FW22

「ヤン ヤン ヴァン エシュ(JAN JAN VAN ESSCHE)」

Image: Courtesy Jan Jan Van Essche FW22

「ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE & GABBANA)」

Image: Courtesy Dolce & Gabbana FW22

「グッチ(GUCCI)」

Image: Courtesy Gucci FW22

「Y/プロジェクト(Y/Project)」

Image: Courtesy Y/Project FW22

「エゴンラボ(EGONLAB)」

Image: Courtesy Egonlab FW22

「ディースクエアード(DSquared2)」

Image: Courtesy DSquared2 FW22
ダイバーシティ
トレンド
メンズウエア