MenuFashionUnited
MailSearch

fashion

ブライダルファッションウィーク2020秋 ハイライト

by Danielle Wightman-Stone
2019年11月6日

ニューヨーク・ミラノ・パリのファッションウィークで各ブランドが2020年春夏プレタポルテコレクションを続々と発表する中、ニューヨークでブライダルファッションウィークが開催され、「ヴェラ・ウォン(Vera Wang)」「モニーク・ルイリエ(Monique Lhuillier)」など世界有数のブライダルファッションブランドが2020年秋冬の新ドレスを披露した。その中からFashionUnitedがピックアップした注目ドレス7着を一挙紹介する。

ヴィクター&ロルフ

前衛的なスタイルで知られる「ヴィクター&ロフル(Viktor and Rolf)」は 「ジャスティン・アレキサンダー(Justin Alexander)」とコラボしたドレスを発表。冬の庭園をイメージしたドレスは複雑なエレメントや旬な花の装飾を施し庭に生えた霜を連想させる。クラシックなツイードとレースの生地にはフロスティな刺繍やクリスタルを使った模様を入れるなど意外性のあるデザインに。またエレガントで体にぴったりとフィットし、ボリューム感もあるシルエットは繊細なツイードとファーの刺繍をプラスして一段と華やかに。

さらに、有機的な形状のリボン、グラフィカルな花びらがドラマチックなバラのコサージュを使いドレスに彫刻のような立体感を与えるとともに、藤の蔦のモチーフでエアリーな動きのあるドレスを作り出している 。

注目ドレス:胸元に大きく入ったVネックやオープンバックの下に入ったリボンやゴージャスなトレーンが印象的なペチコートスタイルのタフタ・ドレス「ダイアナ・ドリーム(Diana Dream)」。カラーやモダンなプラストロンをあしらい、男性的なシャツをフェミニンにアレンジしたハイローシャツドレスは裾の大胆なヴァトー・プリーツ が美しい。

画像: courtesy of Viktor and Rolf

キャロリーナ・へレラ

今季のブライダルファッションウィークではクラシックなルックスが復活したが、「キャロリーナ・へレラ(CarolinaHerrera)」もストラップレスのAラインドレスやボールガウンなどでトラディショナルなスタイルを再現。 クリスタルを縫い付けたコルセットやカスケードドレープのバックリボンをあしらったドレスに加え、アイボリーのサテン地にクリームカラーの糸で刺繍した花の模様やオーガンザのフローラルレース、取り外し可能な袖のついたストラップレス・トランペットドレスなどが登場した。

注目ドレス: 薔薇の刺繍をあしらったミカドシルクのストラップレス・ボディスにディグレード・エンブロイダリー入りのプリーツロングスカートを組み合わせた「マダリン(Madalyn)」およびドレープのオフショルダーがエレガントなジャカードのフローラルAラインドレス「マラベル (Marabelle)」。

画像: courtesy of Carolina Herrera

モニーク・ルイリエ(

今秋の「モニーク・ルイリエ(Monique Lhuillier)」を一言で表すとしたら「鮮やかな色使い」だろう。彼女は新作のデザインで女性たちの個性を象徴した大胆な花柄やボタニカルプリントをまるで空に浮かぶ雲のようにドレス全体的に散りばめた。バルーン袖がロマンティックで壮麗なシルエットを映し出すとともに、誇張されたロングトレーンがトラディショナルなエレメントの中に現代的なイメージをプラスしている。完全に取り外し可能なボレロやケープ、ヴェールがついて自分だけのスタイルを楽しめる汎用性の高いデザインとなっているのも嬉しい。結婚式のゲストの視線を集めること間違いなしの魅力的なドレス。

注目ドレス: 大きめサイズの立体的な花のコサージュが一際目を引く、ピンク色のチュール素材を使ったローウエストのボールガウン「シークレット・ガーデン(Secret Garden)」、 可憐なエンジェルスリーブにカラフルなボタニカル柄や蝶のプリントをあしらったアイボリーのAライン・チュールドレス「ワンダー(Wonder)」。ドレス全体にフローラルプリントを散りばめたオフショルダーのボールガウン「ハイドランジア(Hydrangea)」。

画像: courtesy of Monique Lhuillier by KT Merry

ガリア・ラハヴ

洗練された装飾とセクシーなシルエットで高い評価を得るイスラエル発のブライダルブランド「ガリア・ラハヴ(Galia Lahav)」 は「ダイアモンドの放つ輝き」をイメージしたというコレクション「ファンシー・ホワイト(Fancy White)」を発表。“内面から湧き出る美”の再現を目指してデザインされたドレスは、一層ごとに違う表情を映し出し、「まるでドレスをまとう女性の様々な物語を描いているかのよう。」(ガリア・ラハブ広報)

コレクションで発表されたのは流れるような柔らかいシルエットのAラインやマーメイドドレス、ボリューム感がありつつしなやかでモダンなタッチを加えたボールガウンなど。加えて、精巧なレースの上に重ねられた薄いチュールやシルク、オーガンザの上に施された煌びやかなビーズやラインストーンの装飾、シルバーにアイボリーやブラッシュカラー、ラベンダーの色合いを混ぜ合わせたエンブロイダリーなどをあしらったドレスも披露された 。

注目ドレス: バルーンスリーブ、オーバーサイズのリボンをあしらったボリューミーなコートつきのストラップレス・ボールガウン「メーガン(Meghan)」、サイハイスリットの入ったシルクサテンのオフショルダー・コラムドレスにシルクサテンのケープを組み合わせた「アナ(Anna)」、大きく開いた胸元やテイラードカラーのネックライン、チュールやオーガンザを使ったプリーツスカートが特徴的なライラックとシルバーカラーのオフショルダーAラインドレス「アレサ(Aretha)」。

画像: courtesy of Galia Lahav by Greg Swales

マルケーザ

「マルケーザ ブライダル(Marchesa Bridal)」からは日本の生け花をインスピレーションにデザインされた新作ドレスが登場。マルケーザはこれまでも花をモチーフとしたデザインを制作してきたが、2020年秋コレクションでは生け花の伝統に基づき、花一本一本の持ち味を引き出し花弁から葉にいたるまですべての要素を繊細なカーブやドラマチックな線を使った非常に細やかな演出で強調。マルケーザも「すべての要素がグランドデザインにとって不可欠」とコメントするほどだ。

枝のようなアーチと緻密な花の装飾がチュールの作るゆるやかな曲線のシルエットを包み込んでいる。一方、立体感のあるダッチェスサテンや刺繍の施されたタフタ素材のドレスは花のコサージュやコントラストカラーのコルセットを合わせてバランスよく仕上げている。

注目ドレス: 花の刺繍入りボディス、チュールのフリルスカート&トッパーがついたフィット・アンド・フレアドレス。 フラワー・アップリケ、タイウエスト、ビーズ、大きく膨らんだエンジェルスリーブをあしらったチュールのドレス。バックにチュールのゴデをつけたレース・アップリケのドレス。

画像: courtesy of Marchesa

アン・バルジ

今年20周年を迎えた「アン・バルジ(Anne Barge)」は自身のビンテージデザインに着想を得てタイムレスなシルエットに新しいモダンなディティールを加えたデザインを制作し、ブランドの原点回帰と進化を表現した 。イタリアンシルクで作られた清楚で建築的なデザインのドレスは見た目もシンプルかつ上品。全体的にアランソンレースの花模様をあしらったドレスはエレガントで一層フェミニンなタッチを醸し出し、ふんわりとした質感のデリケートなチュールを重ねたドレスには3Dテクスチャーやメタリックなフローラルエンブロイダリーを添えてアクセントをプラス。

注目ドレス: 胸元についたパールのチェーンやハイネックのレース・ビスチェがポイントのブライダル・ジャンプスーツおよび幻想的なネックラインのフローラル・ボールガウン。

画像: courtesy of Anne Barge by Seiji Fujimori

ホワイトワン バイ ザック・ポーゼン

ブライダルファッション大手の「プロノビアス・グループ(Pronovias Group )」とデザイナーのザック・ポーゼン(Zac Posen)がタッグを組み今回のブライダルウィークで発表したお手頃価格のブライダルライン「ホワイトワン(White One)」。コレクションではハイロースカートやドラマチックなプリンセスドレス、建築的なトレーンや体のラインが美しいマーメイドドレスなどグラマラスでロマンチックなスタイルが多数お披露目された。

ザックによればコレクションのインスピレーションは“自然”だそうだ。「母なる自然は偉大なる創造者。婚礼の日の花嫁は蕾を開かせ光を放つ美しい一輪の花のようだ」とザックは語っている。

洗練された彼のコレクションは期待どおり構造化されたフォームをふんだんに使うと同時にボリューム感のあるスタイルとなっている。一方でシフォンのレイヤーやドレス全体を覆れたクレープ、芸術的とも言える繊細なプリーツなど、ところどころにクチュールスタイルの技法を垣間見ることができる。

注目ドレス: レインボーをイメージした鮮やかなカラーのアシンメトリーなチュールドレス「タルラ(Tallulah)」、タフタ素材のクリスプを贅沢に使ったコルセットとフルスカートでプリンセス気分に浸る「ココ(Coco)」、上品なネックラインとジャカード織のドラマチックなケープがオールド・ハリウッドを思わせる「ディタ(Dita)」。

画像: courtesy of White One by Xavi Menos

メイン画像: courtesy of Viktor and Rolf and Monique Lhuillier by KT Merry