• Home
  • News
  • ファッション
  • 2021年秋ウィメンズウェアのトレンド: テーラリング

2021年秋ウィメンズウェアのトレンド: テーラリング

By Robyn Turk

2021年3月17日

ファッション

精巧にカッティングされた生地をシャープに組み合わせ洗練されたルックスを作り出す「テーラリング」。2021年秋のウィメンズ新作では、そんなテーラリングが際立ち、数々のブランドがプレタポルテ・コレクションでメンズウェアやスーツにインスピレーションを得たテーラード・ルックスを披露した。

「トム フォード(Tom Ford)」はミニドレスのような長い丈のテイラード・ブレザーを発表。シャープな角度の肩まわりやなめらかな折り襟は「ヴァレンティノ(Valentino)」の新作と似ているものの、「ヴァレンティノ」のほうはオーバーサイズのシルエットに合うようテーラリングをよりボクシーにしている。同じくオーバーサイズのテーラーリングを採用した「エトロ(Etro)」からは、ゆったりとしたフィット感のブレザー、トラウザーパンツ、ベストという男性っぽいルックスにフェミニンさをつけ足したデザインが登場。

また「ジョルジオ アルマーニ(Giorgio Armani) 」「フェンディ(Fendi)」「プラダ(Prada)」もブレザーによく見られるような折り襟やフラップポケットをコートやジャケット、シャツに取り入れた。一方「キャロリーナ ヘレラ (Carolina Herrera)」「モスキーノ(Moschino)」のコレクションでも独自のテーラリング・ツイストが見られた。「キャロリーナ ヘレラ」はドレスやスカートをテイラードなフィットでデザインし、留め具にはボタン留め具を使用。「モスキーノ」も幅広のパンツやミニスカート、ペプラムのトップスなど、従来のテイラードスーツのシルエットにフェミニンさをプラスし現代風にアレンンジした。

Moschino and Etro, Fall/Winter 2021

2021年秋シーズンの注目トレンドは「テーラード」

ここ最近、テーラリングの要素はつねにウィメンズファッションの中で一定の地位を獲得している。現在ブレザーやコート、トラウザーパンツなどテイラードのアイテムが種々販売されているが、2021年秋に向けてはより幅広いアイテムやブランドでの導入が進み、伝統的なスタイルにテーラリングを加えたルックスが増えていくことが予想され、ますますテーラリング人気が上昇する兆しだ。

Tom Ford, Fall/Winter 2021

画像提供: courtesy of Tom Ford, Moschino and Etro