• Home
  • News
  • ファッション
  • 「グッチはミレニアル世代に強く依存」−グッチCEO、SNSでインタビュー公開

「グッチはミレニアル世代に強く依存」−グッチCEO、SNSでインタビュー公開

By Marjorie van Elven

2019年8月16日

ファッション

グッチ(GUCCI)CEOのマルコ・ビッザーリ(Marco Bizzarri)がイタリアの名門ファッション専門学校ポリモーダ(Polimoda)制作のインタビュー動画シリーズ「ポリモーダ・デュエット(Polimoda Duets)」に登場した。同シリーズはポリモーダのSNSで公開され、第一回目のゲストはセルビア人パフォーマンスアーティストのマリーナ・アブラモヴィックだった。

インタビュー中、ビッザーリCEOはアレッサンドロ・ミケーレ=クリエイティブディレクター就任後の好調な事業展開について語った。グッチは昨今親会社ケリングの主力ブランドとして事業をけん引しており、昨年の売上高は前年約30%増の800万ユーロ強、営業利益は前年比154%の約33億ユーロと飛躍した。

ビッザーリによると、ミケーレ就任後グッチの戦略やデザイン、ターゲット層が大きく変化し、最近ではラグジュアリー路線のストリートファッションを導入したりSNSでの説得力のある話題づくりに力を入れるなどしているという。「グッチの購買層はここ4,5年で根本から変わり、我々にとって興味深いミレニアル世代への依存度が極めて高くなってきている。アレッサンドロはミレニアル世代だけでなく、ジェネレーションXと呼ばれる過去数年で最も拡大している世代にも着目している」とビッザーリは説明した。

またビッザーリCEO曰く、業界全体が停滞しつつある時代にグッチが変革を遂げたのは「幸運」だと言う。「旧態然とした業界を変えようと試みる者は他にはいなかった」彼は語った。

流行りすたりの激しい業界で、グッチが年率4割で成長することは非現実的だ。しかしながら、グッチの新しい戦略はこの先数年にわたる持続的な成長を支える“堅実な”基盤になると同社トップはにらむ。

ビッザーリCEOのインタビュー動画全編はこちら:

画像: Gucci Facebook