• Home
  • News
  • ファッション
  • NPO「ファッションレボリューション」、チェルシー・フラワー・ショーで織物をテーマにした庭を公開

NPO「ファッションレボリューション」、チェルシー・フラワー・ショーで織物をテーマにした庭を公開

By Danielle Wightman-Stone

2022年6月15日

ファッション

Image: Fashion Revolution

ファッション産業の変革を目指し世界的キャンペーンを展開するNPO「ファッションレボリューション」は、英国王立園芸協会(RHS)が主催するチェルシー・フラワー・ショー(RHS Chelsea Flower Show)で天然の染料や繊維をテーマにした庭を公開した。庭のデザインは有名ガーデニングデザイナーのロッティ・デラメイン(Lottie Delamain)が手がけた。

Image: Fashion Revolution

チェルシー・フラワー・ショーの慈善活動「プロジェクト・ギビング・バック(Project Giving Back)」の支援を受けて実現されたもので、染料や糸、モチーフとしてファッションの中心的な役割を果たしてきた草花と、それにまつわる風習に焦点を当て、植物と布の関係を捉え直すことで、持続可能なファッションに向けたアイデアを提案していくことを目的としている。

Image: Fashion Revolution

一枚の布を彷彿とさせる空間には、独特な色の四角い布を複数飾り付けて織物のイメージを表現。さらに花壇には大青、キバナモクセイ、アカネ、亜麻、イラクサなどの商用や手芸に用いられる糸や染料の原料となる植物を植栽するとともに、染め桶に見立てた水が反射する浅いプールに草木染めの染料を入れて布や糸を浸したり、花壇の間にアスファルトを敷き詰めて布の縫い目を再現したりする演出も施された。

Image: Fashion Revolution

チェルシー・フラワー・ショーの閉会後、庭はオックスフォードの高校ヘディントン・スクールに移築される予定。同校では先般、ファッションおよびテキスタルデザイン科主任を務めるテキスタイルデザイナーのケイト・ターンブル(Kate Turnbull)が天然染料や繊維のもととなる植物の学習を行う新しい教育プログラムを開発している。

Image: Fashion Revolution
Image: Fashion Revolution
Image: Fashion Revolution