• Home
  • News
  • 人物
  • 「ドリス・ヴァン・ノッテン」が新社長を任命
「ドリス・ヴァン・ノッテン」が新社長を任命

人物

「ドリス・ヴァン・ノッテン」が新社長を任命

By Kristopher Fraser

2020年2月10日

ラグジュアリーブランド「ドリス・バン・ノッテン(Dries van Noten)」が2月1日付けで新社長にマッテオ・デ・ローサ(Matteo de Rosa)氏を任命した。

同氏は豪ラグジュアリーブランド・グループの「ケネディ(Kennedy)」や「ポーツ1961(Ports 1961)」でマネージング・ディレクターの経験を持つ。

「ドリス・バン・ノッテン」については2019年にスペインの「プーチ(Puig )」が過半数の株式を取得し、同グループに傘下入りしている。創業者でデザイナーのドリス・バン・ノッテンは少数株式を保有し、クリエイティブディレクターおよび会長として職務を継続している。