• Home
  • News
  • People
  • オリヴィエ・ティスケンスが「アザロ」新アーティスティックディレクターに就任

People

オリヴィエ・ティスケンスが「アザロ」新アーティスティックディレクターに就任

By Kristopher Fraser

2020年2月21日

オリヴィエ・ティスケンス(Olivier Theyskens)が「アザロ(Azzaro)」の新アーティスティックディレクターに就任する。今後、「アザロ」のメンズおよびウィメンズのオートクチュール ・プレタポルテ・アクセサリーのコレクションなどのデザインを管轄する。

7月5日〜9日に開催されるパリ・オートクチュール・ウィークでは自身がアーティスティックディレクターに就任して初のコレクションを披露する。なお、前任は2017年〜2019年までアーティスティック・ディレクターを務めたキシム・シモアンス(Maxime Simoëns)。

1967年にロリス・アザロ(Lois Azzaro)が設立した「アザロ」はメンズ・フレグランスを主力とするブランド。オートクチュールについてはソフィア・ローレン(Sophia Loren)、マリサ・ベネンソン(Marisa Benenson)、ジェーン・バーキン(Jane Birkin)といったセレブリティーが着用している。

ティスケンスがメジャーなブランドでデザインの指揮を取るのは今回が4度目で、これまでにも「ロシャス(Rochas)」「ニナ・リッチ(Nina Ricci)」「セオリー(Theory)」などでチーフ・デザイナーを経験している。数年前には自身の名前のブランドも立ち上げており、「アザロ」アーティスティックディレクター就任後も引き続き運営に携わる。

写真クレジット: Olivier Theyskens SS20, Catwalkpictures