• Home
  • News
  • 人物
  • 「タグ・ホイヤー」、新アンバサダーに俳優ライアン・ゴズリング起用

「タグ・ホイヤー」、新アンバサダーに俳優ライアン・ゴズリング起用

By Danielle Wightman-Stone

2021年10月28日

人物

スイスの高級時計ブランド「タグ・ホイヤー(TAG HEUER)」は新グローバルアンバサダーにカナダ人俳優のライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)を任命した。ゴズリングがブランドのアンバサダーを務めるのは今回が初となる。

「タグ・ホイヤー」が、映画『栄光のル・マン』でタグ・ホイヤーのモナコを着用したことで知られる伝説の俳優スティーブ・マックイーンの“後継者”と絶賛するゴスリングが登場するのは、同ブランドのモーターレーシングの歴史に着想を得た新製品「カレラ 3針コレクション(Carrera Three Hands collection)」の広告キャンペーン。

同コレクションはスポーティーで時代を感じさせないエレガントなタグ・ホイヤーの新世代の商品群。腕時計のイメージを再解釈した4つのバリエーション、「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー5 デイデイト」「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー7 ツインタイム デイト」(以上、41mm径)、「タグ・ホイヤー カレラキャリバー5 デイト」(39 mm径)、「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー9 デイト」(29 mm径)からなる全13種類の商品で構成されている。

画像: courtesy of Tag Heuer by Pari Dukovic

「タグ・ホイヤー」のフレデリック・アルノー(Frédéric Arnault) CEOは、「ライアン・ゴズリングをタグ・ホイヤーのグローバルアンバサダーとして迎えられたことを大変嬉しく思う。彼にとっては(今回が)初めてのブランドパートナーシップとなる。デビュー当初から人気を博していたライアンは、謎めいたミステリアスな雰囲気を持つアイコニックなスターに成長した」とコメントを発表している。

また、「彼は細心の注意を払ってプロジェクトを選び抜き、誰よりも熱心に仕事に取り組む真のアーティスト。その姿勢は役作りだけでなく、クリエイティブな領域でも発揮されている。(主演作である)映画『ドライヴ』は、今日の我々との深い関連性を表現している。彼とクリエイティブなプロジェクトに携わるのをとても楽しみにしている」と述べている。

画像: courtesy of Tag Heuer by Pari Dukovic

一方、今回のアンバサダー就任についてゴズリングは、「タグ・ホイヤーは、160年以上にわたって時計業界で卓越した実績を誇り、常にクラシカルでアイコニックな存在感を示してきた。タグ・ホイヤーとのパートナーシップに迷いはなかった。時間というものは今の私にはとても大切なもの。子供達はすぐに大きくなってしまうので、これまでとはまったく違う形で時間を気にするようになった」と話している。

さらに「カレラ3針コレクション」についても、「タイムレスなデザインは素晴らしい。クリーンでシンプルなデザインが好きだ。私が育った家庭は裕福ではなかった。そのため、トレンドを追いかけなくてもいいように自然にシンプルで流行に左右されない物を好むようになっていった」と語っている。

画像: courtesy of Tag Heuer by Pari Dukovic