• Home
  • News
  • Retail
  • ディオール、日本向けオンラインストア立ち上げ
ディオール、日本向けオンラインストア立ち上げ

Retail

ディオール、日本向けオンラインストア立ち上げ

By Kristopher Fraser

2019年12月5日

「ディオール(Dior)」はこのほど日本向けのオンラインストアを立ち上げた。グローバル事業を推進するための取り組みで、ストア立ち上げを記念しアイコンバックであるトートバックをミニサイズにした「ミニ・ブック・トート(Mini Book Tote)」やメンズTシャツ、スニーカー、iPhoneケースなど日本限定商品5品も展開する。

限定商品に加え、オンラインサイトではメンズおよびウィメンズのプレタポルテラインやアクセサリー、宝飾品、時計などを扱うほか、食器やインテリア雑貨などホーム用品のライン「メゾン・ディオール(Maison Dior)」や乳幼児向けの「ベビー・ディオール(Baby Dior)」の商品も販売していく。「ディオール」はこれまでオンラインストアを持たないラグジュアリーブランドとして知られてきたが、消費者の購買志向の変化を受け時代のニーズに対応した形だ。

今年「ディオール」は日本市場向け以外にもアイルランド、ギリシャ、オーストリア、ポルトガル、中国、ポーランド、スウェーデン、デンマーク、ルーマニア向けのオンラインストアを立ち上げている。主力市場である日本ではメンズラインのキム・ジョーンズ=アーティスティック・ディレクターが東京で2回目となる「ディオール・オム(Dior Homme )」のコレクションを発表しており、オンラインストアの開設は自然の流れであったと見られる。

写真: Dior.jpより