• Home
  • News
  • Retail
  • Eコマースが急成長〜ゴールドマン予測
Eコマースが急成長〜ゴールドマン予測

Retail

Eコマースが急成長〜ゴールドマン予測

By Don-Alvin Adegeest

2020年8月4日

米投資グループのゴールド・マンサックスは同社が今月上旬に発表した予測レポートで、eコマースの今後3年間における成長率が前回予測の16%を3%上回る19% になるとの見通しを示した。

特に米国やブラジル、西ヨーロッパ、アジア太平洋市場における伸びが全体的な成長率に貢献すると同社は見ている。

「企業レベルでは新型コロナ危機発生以降、カーブサイド・ピックアップ(駐車場や路上での商品受け取り)や非接触決済、定額制サブスクリプション商品などの導入が進むほか、小売やECサイト出店者の間でも顧客のニーズの変化にともないマスクなど新たな生活必需品を取り揃えるなどしてイノベーションが加速している。」レポートはそう指摘する。

レポートではまた、 2019 年第一四半期(1〜3月)には米国内の消費のうち16%であったeコマースが今年5月の時点で40%へと大幅に膨らみ、米国におけるオンラインショッピングの浸透率が上がっていることを説明。「クローガー(Kroger)」や「ターゲット(Target)」などの老舗小売店がオンライン事業の売上で三桁成長を記録したほか、「エッツイー(Etsy)」「アリババ(Alibaba)」などのECサイトも“急激に需要が増大”しているという。

eコマースの分析を手がけるエッジ・バイ・アセンシャル(Edge by

Ascential)の製品およびコンテンツ担当シニア・ディレクターのシエン・ワン(Xian Wang)氏はこうした状況について「パンデミックにより消費者の購買行動や小売店・ブランドのプライオリティーが変化し、小売業界全体に長期的な影響が出始めている。特に顕著なのは店舗の休業が世界中で発生したことで消費者のeコマースへの依存度が上がり、買い物がオンラインへシフトしていることだ」とコメントしている。

出典: PYMNTS